包茎の知識と手術費用

- 切らない包茎治療方法とは


東京美容外科メンズ専科

中央クリニック

クリニックアワード

新着情報

◆2014/09/26
切らない包茎治療方法とはの情報を更新しました。
◆2014/01/14
当サイトの運営者等に関するページを新規投稿しました。
◆2014/01/14
メールフォームを新規投稿しました。
◆2014/01/14
サイトマップの情報を更新しました。

切らない包茎治療方法とは

包茎治療というのは、切除するだけではない事を知ってしますか?
普通、包茎治療というのは、余計な包皮を切り開いて、切除をして亀頭を出す外科治療の事を言います。
けれども、仮に軽度の仮性包茎のケースで、包皮の切除をしないとその生命まは健康に害があるという状態でなければ、「自ら行う治療方法」などの方法で、
医療施設により、ちゃんとした形式で実践するコースによって、対応可能な時もあります。
要するに、それが矯正手術なのです。
当然、切除が必要な真性包茎とかは別になります。
そのやり方は、人為的によっても包皮を癖づけて、亀頭の出した状態を維持して改善するやり方で、これには「ナチュラルピーリング法」や「根元部固定法」の2通りがあります。
ナチュラルピーリング法というのは、美容外科手術で用いられている糸で、包皮の何か所かを縫って、包皮を剥けたように癖づけるやり方です。
また根元部固定法というのは、医療用整体接着剤などの、人体様の手術用接着剤を使用して包皮の元の箇所を施術して亀頭を露出させるやり方です。
矯正の状態が維持しやすくなってくるのが、ナチュラルピーリング法なのです。
また根元部固定法では、ある時間と条件で、接着剤の力が小さくなってくるのです。
けれどもどの方法も、切り開かないので、切除に伴うリスクは回避でき、また治療費も切除のものと比較して安価になってきます。
この治療でできる軽度の仮性包茎の方には、大変魅力的な包茎治療ではないでしょうか。


包茎手術ガイド

毎日広げていく事が大切

包茎の中には、真性包茎、仮性包茎、またカントン包茎の3通りがあります。
そして中でも、手術を要るのは2通りのの包茎で、それは亀頭がいつも隠れている状態の真性包茎、また他はカントン包茎なのです。
それでは、カントン包茎というのは、どういう状態のものでしょうか。
カントン包茎というのは、包皮を剥く事によって亀頭を出す事が可能ですが、剥く時に痛みが出てきたり、また包皮口が小さいので、包皮が元に戻らなくなってくる包茎の事です。
この状態をそのままにしておけば、亀頭が締め付られ、その結果包皮が腫れたり、また最悪では亀頭が鬱血する事によって、壊死の可能性も出てきます。
カントン包茎になってしまう主な要因は、元来包皮口が小さいのに、強制的に包皮を剥く事によって、亀頭を出す事によってカントン包茎になる事があるのです。
そしてカントン包茎というのは、前述のように亀頭が壊死したり、包皮が切れたりする事もあるので、何かの拍子に包皮が元に戻らなくなる事もあり、また痛みが継続していたら早めに専門医に診てもらって下さい。
そしてカントン包茎の治療方法ですが、それは真性包茎と同じように、小さい包皮口を徐々に広げていく方法がいいのです。
それゆえ無理に広げないで、ゆっくりと少しずつ手たまは矯正器具等によって、毎日広げていく事が大切なのです。
時間もかかってきますが、治療が可能なものなのです。
ゆっくりと毎日続けていく事が大切なのです。